取り残しに注意

手術をしたのにワキガが再発した等の話はよく聞かれますが、原因はアポクリン汗腺のとり残しが関係しています。大雑把に施術をする医師はあまり信用できないので、丁寧だと定評のある美容皮膚科でアポクリン汗腺を完全に除去しましょう。

わきがと多汗症の治療ができる

ボトックス注射

独特なニオイを発するワキガの原因は脇の下にあるアポクリン汗腺から分泌される汗からきています。さらに皮脂や雑菌が混ざるとあの独特なニオイに変身するのでとても厄介です。治療法としては軽度の場合ボトックス注射を使って汗の分泌を減らし、ニオイを除去します。不安や緊張で大量の汗をかく多汗症にも効果絶大でしょう。

レーザー治療

汗腺を刺激することでワキガ特有の症状を和らげることができますが、このやり方で改善しない場合は剪除法でアポクリン汗腺を除去することになります。ただ軽度のわきがはほとんどレーザーの光を照射するだけで軽減できます。

吸引法を使う

美容外科や美容皮膚科で最も使われているのが皮下組織吸引法です。脇の下に小さな穴を開け、そこにカニューレを差し込むというものです。裏側にあるアポクリン汗腺やエクリン線の除去が可能で切開する範囲が狭いことから傷口が小さくなると評判です。

広告募集中